西表島のアクティビティ予約なら"西表島ツアーズ"♪

西表島ツアーズ

西表島のマングローブを楽しもう!

マングローブとは?

西表島マングローブカヌーツアー

マングローブと聞くと多くの人がブラジルのアマゾンを想像するのではないでしょうか?マングローブとは熱帯や亜熱帯の海水が干潮や満潮を繰り返す特殊な環境にだけ生育する植物たちの総称です。限られた特別な環境にて育つことができるマングローブは西表島観光をするにあたって見逃せないポイントです。

マングローブの面白い特徴のひとつが根です。山などに生えている木々の根は常に呼吸ができるようになっていますが、マングローブの根は海水が入り込む粘土の高い泥の中に根を張っているので、様々な進化をとげそのような環境でも呼吸をする方法を身につけました。

今回は西表島のマングローブにスポットを当てて、彼らの生態系や面白い特徴などをお伝えしていきます。西表島に行く前にこれらの情報を知ることでより西表島の素晴らしい自然を知ることができます。

マングローブの色々な種類の根

支柱根

西表島マングローブに生える支柱根

地表からタコの足のように斜めに根が伸び木の幹を支えます。実はトウモロコシの根もこのような形になっています。マングローブが生息する場所では酸素が不足がちになります。そのために地表に顔出しより多くの酸素を吸収するように進化しました。空気中に木の根を出すことにより、葉っぱと同じように光合成をし木の成長を促しています。

膝根

マングローブでよく見る膝根

文字通り人が膝を曲げたような形をしているのでこのような名前がつきました。ただし『ひざね』とは呼ばず『しっこん』と呼びます。酸素の少ない泥の中でもできる限りの酸素を吸収するためにねの一部を盛り上げてこのような形に成長していきます。沖縄県内にはこのような根をした木はオヒルギしかしかないので、このような根を発見した際はオヒルギだとわかります。また英語ではknee root(ひざ ね)と表します。

板根

西表島のサキシマスオウノキ

こちらもその名の通り板のような形をした根で『ばんこん』と呼ばれています。ばんこんは支柱根の変形とも考えられていて、同じように木の幹を支える役目を担っています。西表島の仲間川にある樹齢400年のサキシマスオオノキがこの板根の代表格ですが、潮が引いた時にメヒルギの根を見るとサキシマスオオノキのような板根を発達させていることを発見できます。

マングローブの面白い生態系

西表島のマングローブ林

マングローブは潮の満ち引きにより海水と淡水が混じった場所で育つことがあります。ですが彼らは海水を好んでそこに生息しているわけではありません。むしろそれよりも様々な方法を取り、体の中から塩分を取り除いています。マングローブの面白い生態を知るためにできる簡単な実験があります。

マングローブの近くに行き、もし黄色の葉っぱを発見したらそれを取って舐めるかかんでみてください。ヤエヤマヒルギは水分を根から吸収する際に塩分をろ過ししますが、ろ過し切れなかった塩分は葉っぱに蓄積され、その葉っぱを落葉させます。ですので黄色の葉っぱを舐めたり噛んだりすることにより、簡単にそして身近に自然に神秘を感じることができるのです。

マングローブ の仲間川と浦内川のマングローブクルーズ

浦内川マングローブクルーズ
こちらのツアーは幅広い年代の方にとても人気のあるツアーです。クルーザーに乗り西表島の雄大なマングローブの景色をゆったりと気軽に楽しむことができ、トレッキングツアーやシュノーケリングツアーとは違い専用の服装になる必要がなく、普段着のままでクルーザーに乗り込みツアーに出発することができます。浦内川はなんと沖縄県最長の川でマングローブクルーズで大変有名な場所です。

ツアー中には船長さんのマングローブの解説なども聞けるので、色々な情報を得ながら西表島の大自然を鑑賞することができます。浦内川クルーズではマングローブの他にマリウドの滝やカンピレーの滝にアクセスできるため、マングローブを見た後にトレッキングしたい!と思う方や、もっとアクティビティーがしたい!と思う方達にはオススメのツアーとなっています。またトレッキングに行く予定がある方は、飲み物や食べ物などしっかりと準備してからツアーに行くことを推奨します。

また、この大きな浦内川をカヌーでお手軽クルーズするには、下記のツアーがおすすめ。

マングローブカヌーツアー

ピナイサーラの滝へ向かうマングローブカヌー

クルーザーよりももっと近くで西表島の大自然を感じたい、マングローブの近くに行って見たい!と思う方は、マングローブカヌーツアーをお勧めします。カヌーを使用することによって水深が浅いところでもスイスイ進んで行くことができます。

もし干潮時に水が引いてしまって干上がってしまったとしても、カヌーであれば水がある場所まで引っ張って行くことができるので、水辺の植物を観察するにはとても便利な道具です。またゆったりと静かに移動することができるので、西表島の鳥の鳴き声や風の音、花の甘い香りや潮の香りなどクルーザーツアーでは感じることができなかった繊細なものや音を五感を使って感じることができます。

またもっと生き物を観察したい方は海側のマングローブの方へ行ってみてください。干潮時には大きな干潟(平らな砂泥池)でき、そこには無数のカニがや他の生物が現れます。

おすすめマングローブクルーズツアー

1.ピナイサーラの滝カヌー&トレッキングツアー

家族で参加したピナイサーラの滝つぼにて

西表島のマングローブカヌーといえば各旅行雑誌で一番に来る沖縄県No.1の落差(約55m)を持つピナイサーラの滝が有名。そんなピナイサーラの滝へは、マングローブ川をカヌーで爽快にクルーズして、ピナイサーラの麓まで行きます。そこから少しトレッキングをしてピナイサーラの滝つぼまで行きます。

滝つぼでは水浴びをしてもいいですし、ゆっくりしてもいいですね。その後ピナイサーラの滝上まで行けば絶景が待っています。ぜひ、西表島が初めての方にはおすすめです。

2.マングローブクルーズ&鍾乳洞探検

鍾乳洞探検ツアー

あんまり疲れず、だけどしっかりマングローブを満喫したい方におすすめなのがこちらのツアー。マングローブクルーズ、ジャングルハイキング、クーラの滝鑑賞、そして鍾乳洞探検がたった半日でできるおすすめのコースです。

3.マングローブクルーズ&”奇跡の島”バラス島シュノーケリング

バラス島シュノーケリングに参加

マングローブだけでなく、せっかくなら西表島の海で泳ぎたい方におすすめ!午前にマングローブクルーズをした後、午後からは奇跡の島”バラス島”周辺でのシュノーケリング。石垣島から日帰りで来られる方に人気の滝ツアーです。

4.マングローブカヌー&由布島観光

由布島水牛車観光ツアー

人気の由布島観光とセットプラン。午前にマングローブカヌーをして、午後から水牛車に乗り、由布島に向かいます。由布島では亜熱帯植物園を楽しんだり、オシャレなカフェでゆっくりするのもいいですね。

5.人気No.1の山、川、海のセットプラン

マングローブSUPツアー

たった一日で山、川、海全て楽しみたい方におすすめ!マングローブクルーズ、ジャングルトレッキング、滝つぼ遊び、鍾乳洞トレッキング、”奇跡の島”バラス島上陸とフルフルで楽しめるプラン。一日ガッツリ遊ぶならこちらがおすすめ。

まとめ

様々な動植物で溢れる西表島ですが、マングローブにもたくさんの種類があり魅力で溢れる観光スポットです。今回の記事の情報と共にぜひ西表島のマングローブを訪れてみてください!

西表島での全ての遊びはこちら↓
西表島ツアーズ

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、西表島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

西表島ツアーズとは・・・?