西表島のアクティビティ予約なら"西表島ツアーズ"♪

西表島ツアーズ

西表島のマングローブ林で遊ぼう!!

西表島のマングローブとは?

西表マングローブ林

マングローブとは、実は熱帯や亜熱帯域の海水が干満を繰り返す潮間帯という特殊な環境だけに生育する植物の総称をいう。つまりマングローブとはマツやサクラの様な植物の名前ではなく『高山植物』という言い方と同じように、限られた環境だけに生育する植物全体をさします。マングローブを見るのは、西表島でカヌーをするときの最大の楽しみです。マングローブ植物の一番の魅力は根!マングローブ植物の根は本当に不可思議な形をしています。それは、通常の植物の根は常に呼吸できる状況にあるのに対し、マングローブは海水のいりこむ泥の中に根を張っているので、酸素がない状態にあるからです。マングローブ植物は、様々な工夫をしてねで呼吸が出来るようにしているのです。本来植物の根は土の中へもぐっていくものですが、マングローブ植物は地中の根に加えて、呼吸根と呼ばれる地表で呼吸する根を発達させているのです。西表島でカヌーをする前に、マングローブの魅力を詳しく知ってからカヤックをすると一段と楽しめます♪

西表島マングローブカヌー(カヤック)ツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

支柱根

マングローブの支柱根

たこ足の様な根で、水を吸う役割の他に体を支える役目もしています。空気中に露出した支柱根の表面では、葉と同じように光合成をしていることが知られています。

筍根

地中浅く張った根から筍(たけのこ)の様に垂直に伸びる根を筍根といます。直立根という事もあります。

膝根

石垣島や西表島で見られる膝根

出典:http://www.geocities.jp/higatakaseki/tubuyaki/mangrove/yubujima.html

人の膝を曲げたような形をしているので、膝根と呼ばれています。膝根は1本の根が折れ曲がってできたものではなく、根の一部が盛り上がってできたもので、酸素の少ない泥の状態では、膝根の数が多くなります。

板根

サキシマオウノキで見られる板根

根元に発達させた幅の広い薄い板の様ない根を板根(ばんこん)といいます。板根は支柱根の変形とも考えられていて、支柱根と同じように体を支える役目もしています。

マングローブ植物の塩分対策

マングローブ植物は海水だけでなく、淡水で育てることもできるのです。実はマングローブは決して海水が好きなわけではなく、むしろマングローブ植物は塩分を嫌い、様々な方法で排出し ているのです。ヤエヤマヒルギは水分を根から吸い上げる際に塩分をろ過し、さらに不要な塩分は葉に蓄積されて落葉させてしまいます。その際、枝先から遠い葉から順に落としていくので、塩分の蓄積した黄色い葉と緑色の葉を噛み比べてみると味の違いが分かるのです!また、ヒルギダマシは、葉に塩類腺という塩分排出組織を持ち、風のない晴れた日には、葉の表面に排出された塩の結晶が観察できます。

マングローブの植生

マングローブ植物は、種類によって生育する環境に違いがみられます。ヒルギダマシやマハザクロ、ヤエヤマヒルギは塩分濃度の高い海側に集中し、オヤヒルギは内陸地に近い位置 に群生しています。塩分排出能力の優れた種類が海側に育成しているのがわかります。潮が引いた干潟では、デトリタス食物連鎖という特有の食物連鎖が見られます。デトリタスとは落ち葉や動物の死骸などがバクテリアによって分解された有機物の事で、干潟の表面にはこのデトリタスが沢山あって、主にコメツキガニやシオマネキなどのカニ類がそれをエサにしています。干潟の上では、カニの様な小動物がデトリタスを食べることから始まり、そのカニを小型の鳥 や肉食性のカニが食べ、それらをさらに大型の鳥が食べるなど、デトリタスを底辺とした食物連鎖が出来上がっているのです。

いざ、マングローブ探検!

マングローブ林内に入ってみよう!

マングローブの生態系

潮の引いたマングローブ林へ行ってみましょう!潮が引くと陸の森と同じように地面が露出するので歩きやすく、さまざまな生き物たちが観察できます。その際、呼吸根を傷つけない様に、川筋や小さな水の通り道などを利用しましょう。

潮の引いた干潟に行ってみよう!

ナイトツアーで見るかに

マングローブの海側には、干潮になると大きな干潟ができるますが、そこはまさにカニ達の天国!。干潟ではカニ類を始め、様々な生き物が観察できます。マングローブ地帯は泥深い所もあり、ビーチサンダルは危ないので、マリンブーツを用意すると歩きやすいです。また、カニ類が沢山いるので、踏みつぶさないように気を付けて歩きましょう。

水没したマングローブに行ってみよう!

6f77623702a19ae3a01c6440f7643c52_m

満潮時のマングローブは、”海中の森”となります。干潮時ににぎわっていたカニ達は泥の中に潜ってしまい、全くその姿を消してしいます…そのカニに代わって、沖合から現れるのが魚たちです。水深が浅いので、シュノーケリングで十分観察できます。また潮の流れによっては、ハブクラゲやエイ、サメなどが入り込んでくる事もあるので気を付けましょう。

カヌーでアプローチしてみよう

西表島のマングローブの間をカヌーでクルージング
マングローブの生態系を観察するには、カヌーがとても便利。カヌーは遊覧船と違い、細い支流や干潮時で水深が浅いときでも難なく行けます。大潮の最干潮時に周囲が干上がってしまっても、カヌーだったら水のあるところまでひっぱっていくこともできます。そうした潮の干満にそれほど左右されずに、マングローブを観察できる所がカヌーのいい所です。カヌーはエンジン付きのボートの様に音がしないので、鳥のさえずりや虫の声、風の音、花の匂い、動物の気配など五感を使って楽しめます。干潮時に川の所々にできる小さな干潟では、海側にできた大きな干潟で見られなかった種類の生き物も観察することができますね♪

西表島カヌー(カヤック)ツアーの詳細トプラン一覧はこちら↓

マングローブを構成する植物

なんと、西表島では、日本に生育するマングローブ植物の全てが見られるのです!西表島のマングローブを構成する植物は5~9種類といわれています。マングローブ植物の定義は、海水や汽水など塩分を含む水で育つという決定的な特徴の他に、根の形体や発生芽をもつといった特徴も含めて総合的に決定づけられます。
マングローブ植物の特徴を評価し、3つの階級に区分したものが、「純マングローブ」、「準マングローブ」、「従マングローブ」で、純マングローブのみをマングローブ植物とみなすこともあります。

純マングローブ

ハマザクロ

西表島でも東部地区だけに見られる種で、特に仲間側ではしっかりとした群落を見ることが出来ます。熱帯では高さ25メートルの高木になるますが、西表島のものは6~7メートルにしかならないようです。

オヒルギ

熱帯地方では樹高が30メートルを超える大木もみられるが、西表島では7~8メートル、大きいものでも12~13メートルくらいにしかなりません。赤い花をつける為、アカバナヒルギという別名でも呼ばれます。

メヒルギ

常緑の小高木で、樹高は5~6メートルくらいになる。西表島では大きな群落は見られないが、浦内川や仲間川の河口部で観察できる。北に分布を広げている種類で、鹿児島県の喜入が北限となり、八重山以外でも見ることが出来ます。

ヤエヤマヒルギ

樹高が10メートルを超える常緑高木で、西表島のマングローブを構成する種の中で最も多い種類です。たこ足の様な支柱根をもっています。

ヒルギダマシ

沖縄では樹高が1~1.5メートルのものしか見られないが、熱帯地方では20メートルにもなる。マングローブの中で最も海側の前面に生育する種類です。

準マングローブ種

ヒルギモドキ

常緑で沖縄のものは3~4メートルにしかならないが、東南アジアでは20メートルのものが見られるようです。1センチぐらいの小さな白い花をつけます。

ニッパヤシ

日本では西表島だけに生育している。船浦湾のヤシ川と内離島に群落がみられ、国の天然記念物に指定されています。高さは3メートルぐらいに成長し、茎はほとんど地中にあり、葉部
だけが泥から直接生えているように見えるのが特徴です。

まとめ

マングローブといっても様々な種類のマングローブの木がありますね。どの種類か探しながらカヌーやカヤック、トレッキングでマングローブ観察をするのは楽しいですよ♪

西表島マングローブカヌー(カヤック)ツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

西表島ジャングルトレッキングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、西表島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

西表島ツアーズとは・・・?