西表島のアクティビティ予約なら"西表島ツアーズ"♪

西表島ツアーズ

6月に西表島旅行!知っておくべき天候・遊び方

梅雨の時期と重なる6月の西表島は一体どのような気候なのでしょうか?旅行のプランを立てる上で多くの方が気になるのが6月の天気やその時期に見ることができる西表島の自然です。今回はそのような方達のために6月の西表島にスポットを当てて行きたいと思います。

本州から南へ460km離れている西表島

西表島の星砂ビーチを眺める

亜熱帯性気候の西表島は本州の天候とは気温や天候などが異なります。気象庁のデータによると、6月の平均気温は27.7度と東京の23.0度と比べると4.7度も高くなっています。また梅雨の始まりは5月の下旬から6月の下旬までとなっているので、多くの方がイメージするような蒸し暑くジメジメとした不快な天気が続くことがあります。

まさに亜熱帯気候の特徴である高温多湿で、夏のサラサラとしたそよ風、カラッと乾いた空気とは違ったジャングル系の天気を味わうことができます。西表島ではスコールというバケツをひっくり返したような豪雨が急に現れ、急に去って行くといった気候現象も頻繁に起こります。港から海の方を眺めると雨が動くのが見えることがあり、西表島の圧倒的な自然を感じることが出来ます。

狙い目は梅雨が明ける6月の中旬以降

6月の星砂ビーチ

蒸し暑くジメジメとした梅雨が明ける梅雨明け直後は西表島に行く穴場の日程です。6月中はベストシーズンである7月や8月の比べると比較的航空券が安く旅行費を抑えることが出来るのが魅力的です。7月や8月は学生の夏休みが被ることや快晴が続くことから日本各地から多くの観光客が西表島に訪れます。

その結果大自然を味わいにせっかくの西表島に来たのに、観光スポットが海水浴場のようになってしまうこともしばしばあります。ですので穴場の日程を知っておくことで、西表島の大自然を独り占めすることも可能です。

また、6月前半も梅雨とは言っても、本土の様なずっと雨が降っている感じではなく、スコールの様にザーっと降ってすぐに太陽が出たりすることが多いです。人が少ないのでツアーをチャーターできちゃうこともあります。

6月の西表島を彩る幻の花

幻の花サガリバナ鑑賞

6月の後半を狙って西表島に訪れるにはもう一つの大きなメリットがあります。それはサガリバナという一夜で散ってしまう幻の花が開花を迎える時期と被り、西表島の自然の神秘を体験することができることです。この時期になると西表島のツアー会社はサガリバナツアーを開始します。

夜のサガリバナツアーの詳細はこちら↓

西表マングローブサガリバナ

早朝に出発しカヌーを漕いで、日の出とともに散った何千、何万という川に流れるサガリバナを見ることが出来るツアーです。サガリバナが見られる時期は6月の後半から8月いっぱいで、1年を通じてこの季節にしか見ることが出来ないので、ぜひ自分の目で見てみたいと思う方はこの時期を狙って西表島に行ってみて下さい。その際には西表島の天候や状況を知ることが必要です。

早朝のサガリバナカヌーツアーはこちら↓

気になる西表島の台風

西表島の台風事情

月平均で約2個程度の台風が沖縄に接近します。せっかく飛行機の予約やアクティビティーの予約をしても台風が来てしまうとキャンセルせざるを得ない状況になってしまいます。6月は台風がよく接近する7月や8月と比べると比較的安心ですが、台風が全く来ないというわけではありません。しっかりと天気予報をチェックすることや、予約をしたツアー会社に問い合わせて入念にチェックすることをお勧めします。

西表島に滞在しているときに台風が来てしまうこともあるかもしれません。その場合は海や防波堤には近付かないようにしましょう。日本本土に来る台風と比べると雨の量も多く風も圧倒的に強いので、歩いているときに物が飛んで来てけがをしてしまう可能性はゼロではありません。また泊まっている民宿やホテルが断水や停電してしまうこともあるので、予備の飲み物や食べ物を事前に購入しておくことで、その場をしのげることが出来ます。

万が一台風などになり船が止まってしまった場合などは、無理をせず石垣島で遊ぶことをおすすめします。石垣島には室内で遊べるアクティビティもあるので、そちらで遊ぶのもいいですね。

石垣島での室内の遊びはこちら↓
石垣島手作り体験(マリンクラフト)

ギラギラした太陽と紫外線

西表島の6月の服装

西表島の6月は雨が降ることが多く、カラッと晴れることは少ないですが紫外線対策は必要です。沖縄の太陽光線は本土と比べると非常に強く、青空が見えないどんよりとした曇りの天気でも紫外線を多く受けてしまいます。

対策としては、

  1. 紫外線から目を守るためにサングラスをかける。
  2. こまめに日焼け止めを塗る。
  3. 海で泳ぐ際はラッシュガードや長袖またはTシャツを着用して肌を守る。

小さなことですがこういったことを徹底することで、非常に強い西表島の紫外線から肌や目を守ることが出来ます。海で泳ぐ際には背中とふくらはぎまでしっかりと塗ることを強くお勧めします。海の中を見ながら泳ぐときには太陽光が背中とふくらはぎに当たり、その部分だけ日焼けしてしまうのでぜひ気をつけて下さい。

6月の西表島のレンタカー事情

西表島でレンタカーを借りる

西表島とドライブしたい、自分のタイミングで海に行ったりジャングルに行きたい、そう思っている方はレンタカー会社に連絡をするかインターネット予約を早めにすることをお勧めします。この時期になると多くの旅行者、観光客が西表島を訪れるのでレンタカーの予約がいっぱいでせっかくの旅行なのに車が借りれないことがあります。事前に天気予報をチェックしたり、レンタカーや参加するツアーの計画を立てることで西表島ライフを100%エンジョイできます。

レンタカーの詳細はこちら↓
西表島レンタカー

6月のおすすめアクティビティ

バラス島付近でシュノーケル

西表島の6月は断続的な雨さえ降らなければ、気温・天候・人の多さともに最高の季節です。特に梅雨ということもあり、6月前半は旅行自体を敬遠されがちなので、貸し切りになることも!!今回は6月のシーズンにおすすめのアクティビティを少しご紹介!

サガリバナツアー

早朝のサガリバナカヤック

やはり、6月の西表島といえばサガリバナ鑑賞は外せないですね。サガリバナの鑑賞方法には夜と朝の2つの時間があります。夜は満開のサガリバナを歩いて(もしくはカヌーなどで)鑑賞し、早朝はマングローブ川に落ちた花びらを見ながらの鑑賞が人気。特にマングローブ川に落ちたサガリバナは西表島ならではなので、いつもより少し早く起きてサガリバナを鑑賞するのはいいですね。

サガリバナツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

SUP(スタンドアップパドルボート)

カップルで西表SUPツアー

SUP(サップ)はマングローブの中をクルーズするので、多少の雨、風なら心配ないです。マングローブ林に雨・風が遮られるので、雨が降っても楽しめるアクティビティです。今人気のスタンドアップパドルボートを西表島の亜熱帯ジャングルを駆け巡りましょう!

西表島SUPツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

シュノーケリング

家族でシュノーケリングツアー

西表時といえばマングローブだけでなく、シュノーケリングも人気。世界有数の透明度・サンゴの質を誇る西表島でシュノーケルをしましょう!風や波が強い場合はシュノーケルできませんが、多少の雨であれば、海中の中は何も感じません。天気が良ければカラフルサンゴ・熱帯魚がとてもきれいに見えます。

西表島シュノーケリングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

カヌー(カヤック)

西表島カヌーツアー

西表島といえば最初に浮かぶのがカヌーのはず。カヌーはSUP同様マングローブの中なので大雨以外は開催されるので旅行の計画が立てやすいのも魅力ですね。また6月はまだまだ快適に過ごせる気温なので、熱中症の心配も少ないので安心してツアーに参加できますね。

西表島カヌーツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

ナイトツアー

ジャングルナイトツアーは梅雨の6月は最高の季節です。カンカン照りの日が続く夏とは違い、トビハゼなど通常湿地帯に住む生き物がそこら中で見ることができます。また、夜のジャングルの中は雨が降っていたほうがジャングル感が出ていいというお客様もいるほど迫力満点です。

西表島ナイトツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

まとめ

真夏の西表島とはまた違う魅力を持つ6月の西表島。事前にしっかりと情報収拾をすることで新しい魅力を発見することが出来ます。

西表島での全ての遊びはこちら↓
西表島ツアーズ

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、西表島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

西表島ツアーズとは・・・?