西表島のアクティビティ予約なら"西表島ツアーズ"♪

西表島ツアーズ

イリオモテヤマネコを見ることが出来る!?

西表島といったらイリオモテヤマネコ!?

出典:ambition-photogallery.com出典:ambition-photogallery.com

西表島観光といったらイリオモテヤマネコを一番初めに思い浮かべるかと思います。西表島はイリオモテヤマネコをはじめ多数の野生生物が生息し、亜熱帯の大自然が色濃く残る島です。イリオモテヤマネコにひと目会いたい”と思っている人は沢山いると思います。もし西表島を訪れればイリオモテヤマネコに会えるのでしょうか?残念ながら、正直言って1回で会うのは難しいです。しかし、絶対に会えないかといえば、そうとも言い切れないです。浦内川や仲間川の遊覧船から目撃された例もあり、アスファルトを横切るヤマネコを車の運転中に目撃したケースもあります。西表島で猫らしい姿を見ると、みんなヤマネコに見えてしまう気持ちもよくわかるが、路上で目撃されたものは、実はイエネコとの見間違いが多いのです。そうは言っても望みは最後まで捨てず、偶然にどこかで出会える事を願って、ヤマネコとイヌネコの形態的な違いをしっかり頭に叩き込んで西表島に来ましょう!西表島にはイリオモテヤマネコ以外にもきれいな海・亜熱帯ジャングルの山・マングローブ川などでのここでしか体験できない遊び、楽しみ方がたくさん有ります。今回はその中でも一番人気のイリオモテヤマネコについて詳しくお伝え致します。

イリオモテヤマネコとは?

出典:erucat48.blog.so-net.ne.jp出典:erucat48.blog.so-net.ne.jp

イリオモテヤマネコとはご存知の通り、国の天然記念物に指定されている動物ですが、初めて発見されたのは1965年に沖縄県の西表島で発見されました。オス、メスで大きさに違いはありますが、体長約50cm~60cmで体重は約3kg程になります。また夜行性の為、夜に見ることが出来る事が多いです。ただ、現在は絶滅危惧種に指定されており、約100頭程しか生息していない為、西表島に住む人でも本当に出会う事が難しく、年に1回程しか見ないといわれております。

ヤマネコとイエネコの違い

西表野生生物保護センター

西表島にはイリオモテヤマネコに似たイヌネコという猫がいます。まず、ヤマネコらしいき動物を見たら耳の形をチェックしましょう!家猫の耳は先がとがっているのに対して、ヤマネコは丸い形をしています。次に、目の周りに白い緑取りがあるかを確認しましょう!どのヤマネコにも白い緑取りがあり、余裕があれば、鼻も見て見てください。イエネコに比べると鼻が幅広でやや大きく見えます。もし後姿だったら、やはり耳を最初にチェックしましょう。ヤマネコの耳の後ろには虎耳上半と呼ばれる白い斑点が必ずあり、またシルエットだった場合、体の体型をチェックしよう。イエネコに比べると体系が全体にずんぐりとしている。さらに足が太くがっしりとしていて、尾が太く見えると思います。また、イエネコに比べると牙が大きく、肉球も大きいなどの違いもありあmすが、野外でそれをチェックすることは不可能に近いです、、、

イリオモテヤマネコはどこにいる?

出典:http://yaenavi.com/island/1020.html出典:http://yaenavi.com/island/1020.html

イリオモテヤマネコは基本的に森の中で暮らしています。残念ながら、森の中を歩き回って探しても出会える確率は限りなくゼロに近いです。彼らは性能のいい耳と鼻を持っているので、仮に近くに潜んでいたとしても、こちらが気が付く前にどこかへ行ってしまうからです。専門家は何か月も痕跡を調査してから、出没頻度の高い場所を調べて、様々な手段でアプローチをしているが、一般旅行者ではとてもそんな時間を取れないし大変なので難しいと思う。もし万が一、森の中で、偶然の出会いを狙うとしたら、場所を決めて動かない事だ。その間音も立てず、匂いの強いものは身に着けないようにしなけれならない。場所は匂いや音が比較的消しやすい川沿いなどを選ぶ事をお勧めします。森の中で何もせずにじっと待っているのはかなり苦痛なので、昼食をとりながら休憩時間をかねて試してみるといいかもしれない。それでも徒労に終わる可能性が高いことを覚悟しておいた方がいいですが万が一見ることが出来たら本当に貴重な体験になるはず。

ドライブ中に出くわすことも!?

ヤマネコの出るエリア

西表島は大きく大原港エリアと上原港エリアがあるのですが、大原港と上原港をつなぐ県道が一本あり、この県道をドライブをしていると、道路を歩いている事やけがをしている事があります。その為、イリオモテヤマネコが生息しそうな場所にいくつも看板を見ることができます。特に夜行性の為、行動が活発になる夜明けや夕暮れ前後の時間帯はイリオモテヤマネコがいきなり飛び出してきたりするので気を付けてください。西表島では様々な生物が道路を歩いていますので運転速度は集落内30km/h、島内40km/hでお願いしますね♪

レンタカーの詳細はこちら↓
西表島レンタカー&レンタサイクル

必ずイリオモテヤマネコを見たい方必見!!

出典:http://yaenavi.com/island/1020.html出典:http://yaenavi.com/island/1020.html

イリオモテヤマネコを必ず見たい方に必見なのは、西表野生生物保護センターという所があります。上原港から約35分程の所にあり、西表の希少生物を保護する為にできた施設です。イリオモテヤマネコだけでなく、リュウキュウイノシシのはく製など、けがをしているヤマネコが保護されており、モニターで見ることができます。この施設はただ保護するだけでなく、絶滅危惧種の生物や西表島ならではの生物を見れたりと、博物館としても島の事を理解できるので、小さいお子様はもちろんのこと大人が行っても楽しめる為、ドライブに行く際はおすすめです。この施設は無料で観光できますが、朝10時~16時迄、月曜日は休みなので、観光に行く際は気を付けてね。

レンタカーの詳細はこちら↓
西表島レンタカー&レンタサイクル

イリオモテヤマネコに出会えるかも!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イリオモテヤマネコに会いたい方は、是非ナイトツアーに参加してみてはいかが?正直なところ、イリオモテヤマネコ出会える確率は100回に1回ぐらいなので、それほど期待はできないですが、”東洋のガラパゴス”といわれるこの夜のジャングルには他にも素晴らしい生物、植物などがあります。例えば絶滅危惧種に指定されているヤシガニは高確率で出会う事ができますし、ヤエヤマオオコウモリやウミガメが卵を産むほど綺麗で静かな夜の海もあります。他にも時期によって、数千匹が飛び交うヤエヤマヒメボタルであったり、サガリバナという”奇跡の花”、可愛らし
いトントンミーといった本土では見ることのできない生物に出会う事ができます。また、西表の夜空は透き通っているので、天気次第では星の大きさにびっくりすると思います。是非、西表島に観光で来られた際は、イリオモテヤマネコを探したり、夜のジャングルを探検してみてはいかが?

ナイトツアーの詳細はこちら↓
西表島ジャングルナイトツアー

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、西表島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

西表島ツアーズとは・・・?