西表島のアクティビティ予約なら"西表島ツアーズ"♪

西表島ツアーズ

西表島の7月は最高の旅行日和!

待ちに待った西表島の7月のベストシーズン到来

7月最高のシーズンに西表女子旅行

6月の後半になるとジメジメとした天気の西表島も梅雨明けが始まり、太陽がギラギラと輝く真夏の西表島にシフトチェンジしていきます。どんよりと曇っていたねずみ色の空も地平線まで突き抜けるような真っ青な綺麗な青空へと変わります。

それに伴ってガラスのように透き通る西表島の海はより海底の色鮮やかなサンゴ礁を引き立てます。また、6月中旬から続いていた夏至南風も終わり、風も殆ど吹かないため最高の季節になります。

マリンブルーの空と海
イルムティアから見た星の砂浜

石垣島から直行フェリーで約40-45分後には西表島のメインの港である上原港に到着します。まず最初に驚くのは海に青さはまるで誰かが絵の具で描いたようにインスタ映えする色。港の周りも綺麗に整備され永遠と広がる海をバックに記念撮影するのもお勧めです!また日が暮れる頃に上原港に夕日をを見に行くこともお勧めです。港から直接太陽が沈むのも見ることは難しいですが、真っ赤に輝く太陽に反射された雲の自然美や、まるで魚眼レンズで覗いたような西表島の空も見上げると偉大な地球のパワーを身を以てひしひしと感じることが出来ます。

平均気温は30.0度と暑く、6月とはうって変わって毎日晴れが続くことも珍しくはありません。服装は真夏の格好(Tシャツやタンクトップ、短めのズボン、サンダル)で大丈夫ですが、肌が弱い方や日に焼けたくない方は薄めのマリンウェアーやラッシュガード、そしてアームカバーを着用したりこまめに日焼け止めのクリームを塗ることをを強く推奨します。

西表島の紫外線は日本本土よりも圧倒的に強い(約5倍⁈)ので、外に出歩くときはキャップや大きめの帽子を被ったり、紫外線から大切な目を守るためにUVカット仕様のサングラスを着用することも大切なことの一つです。西表島の綺麗な海で泳いだ後にビーチで寝っ転がったり太陽の下に長時間いたりすると、日焼けだけで済まずに火傷になり病院に行かないといけないこともあるので西表島では十分に気をつけて過ごしてください。

7月の西表島のピーチパインとマンゴーの無人販売所は行くべき!

西表島7月ピークのピーチパイン

西表島の道沿を歩いたりドライブしたりしていると小さな小屋を見かけることが多々あります。島の中には多くのパインとマンゴー農家があり、安めの価格設定で甘くてジューシーな果実を提供してくれます。サンサンと輝く太陽の下で立派に育ったパインとマンゴーとマンゴーは非常に甘くて優しい味がします。

マンゴーは比較的効果で高級志向ですが口に入れた途端にとろける食感や、濃厚で芳醇な香りは一度口にすると忘れられなくなること間違いなしです。パインはマンゴーと比べると気軽に購入できる上に思っている以上に甘いのでお土産にはもってこいです。西表島ではいくつかの種類のパインを育てておりその中でも多くの観光客に人気なのがピーチパインです。

見た目は普通のパインの変わりませんが、中身はその名の通り桃のように柔らかな白色で果実の甘みを堪能できる美味しさです。島の中のスーパーでは冷凍パインがアイスクリームと一緒に販売されているので、こちらも興味のある方はぜひトライしてみてください。上原港に近くのスーパー川満では郵便物を気軽に送ることができるので、帰り際に持ちきれないマンゴーやパインを自宅や友達宅に発送することも可能です。

7月の満点の星空と夏の星座

満天の星空が見える西表島の7月の夜空

夏には様々なアクティビティーがおこなえる西表島ですが、忘れてないけないのでスターゲイジング、スターウォッチングです。西表島は日本の中でも有数なで貴重な世界水準の星空が見える素晴らしい場所です。2018年には石垣市と竹富町にまたがる西表石垣国立公園が世界の天文学者、環境学者、法律家などでつくられたNPO団体に日本で初の星空保護区に暫定認定されました。

世界では59番目、アジア地区では韓国とイスラエルについで3ヶ所目となり、認定制度の責任者が完璧な夜空と唸るほどです。星空が見やすい場所はいくつかありますがそこまで遠くに行く必要はなく、港や街灯から少し離れた暗い場所に行き空を見上げるだけで、そこには空の端から端までビッシリと埋め尽くされた絶景が待っています。

息をすることすら忘れてしまうような星空は西表島旅行の素敵な思い出になること間違いなしです。またツアー会社によってはナイトツアーと題し真っ暗な静けさの中でカヌーに寝っ転がり一面に広がる星空を観察できるツアーも行っています。

西表島で7月のおすすめアクティビティ

7月の西表島では海、川、山問わず全てのアクティビティが楽しめる季節になります。その中でも7月に人気のアクティビティ5つをご紹介。

1.マングローブクルーズ&キャニオニング

西表島マングローブsupを楽しむカップル

西表島で人気のクーラの滝を目指してSUP(サップ)やカヤックで海の河口からマングローブ川を抜けていきます。途中でボードを置いてちょっとしたハイキングでクーラの滝へ到着!その後ちょっと休憩してキャニオニングスポットへ行きマングローブ川へダイブ!ひんやりとした清流が7月の常夏だからこそ120%楽しめる7月におすすめのアクティビティです。

2.夏大満喫スペシャルパック

ファミリーでシュノーケリングに参加

せっかく西表島に旅行で来たからには、山、川、海全ての自然を味わいたい!そんな方におすすめ!こちらのツアーはたった一日で「マングローブクルーズ」、「トレッキング」、「滝遊び」、「キャニオニング」、「バラス島シュノーケリング」と西表島の見所を一気に楽しめます。日帰りで時間の無い方などには特におすすめです。

3.早朝のサガリバナカヌー

7月ベストシーズンのサガリバナツアー

一夜限り咲き誇る幻の花”サガリバナ”をご存知ですか?サガリバナとは6月中旬~7月末までにかけて咲き誇る亜熱帯地域ならではの花。マングローブ湿地帯に夜咲き、朝にはその花びらが落ちてしまう美しくも儚いサガリバナです。まだ太陽も昇りきらない早朝に、マングローブ川へ行きカヌーをします。マングローブ川に数十、数百と落ちた花びらから甘い香りが広がり、辺り一帯をバニラ様な匂いで幻想的な世界を醸し出します。

4.奇跡の島”バラス島”&瑠璃の島”鳩間島”シュノーケル

バラス島と鳩間島シュノーケリングツアー

7月といえば、海のシーズン。1日フルで海を楽しみたい方におすすめなのがこちら!石垣島を超えるほどのカラフルサンゴ地帯と熱帯魚の数、そして‘瑠璃の島‘鳩間島でのシュノーケリングと1日シュノーケル三昧を楽しめます。7月だからこそ楽しみたいアクティビティですね。

5.ピナイサーラの滝-1日コース-

西表島の定番ピナイサーラの滝ツアー

西表島の定番人気コース”ピナイサーラの滝”ツアー。沖縄県下No.1の落差を持つピナイサーラの滝は見ごたえ十分。通年行えるツアーではありますが、ピナイサーラの滝は7月ももちろんおすすめ!西表島に初めて来られる方はピナイサーラは一度は味わってほしい大自然の宝庫スポットです。

西表島をどう楽しむかはあなた次第

7月にベストシーズンを迎える西表島は私たちに沢山の楽しみ方を提供してくれます。簡単な講習を受けガイドと共にキラキラと輝く西表島の海の上をシーカヤックで旅することも、シータートルやエイなどの海洋生物に会いに行くことも、西表島の民宿で島人と泡盛を片手に語り合うことも、真っ白なビーチに座ってそよ風を浴びながらゆったりと過ぎてゆく時間を感じることも、全てはあなた次第です。西表島の雄大で偉大な自然や、大変貴重な動植物達、島の明るくて優しい人々、彼らは西表島を訪れるあなたを暖かく迎えて暮れること間違いなしです。

西表島での全ての遊びはこちら↓
西表島ツアーズ

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、西表島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

西表島ツアーズとは・・・?