西表島のアクティビティ予約なら"西表島ツアーズ"♪

西表島ツアーズ

西表島で見ることの出来る生き物達

西表島は自然だけでなく、動植物の宝庫!

西表島で見ることの出来る生き物

“東洋のガラパゴス”西表島。西表島と行ったらどんなイメージをしますか?西表島は亜熱帯地域の為、海・マングローブ川・山と様々なスポットに多くの生き物がいます。特にイリオモテヤマネコを始めとする西表島だけしか見ることのできない生き物・植物を見ることができます。今回はその中でも、是非知って頂きたい動植物をお伝えします。

海の生き物

西表島では様々な海の生き物を見ることができます。海の生き物と言ったらダイビング!西表島は世界的にもダイビングのメッカとして有名です。今回はその中でも西表ダイビングで見ることが出来る生き物を中心にご紹介いたします!ダイビングの前にどんな生き物がいるか調べてからダイビングをしてみてはいかが?

西表島ダイビングツアーはこちら↓

アカテンイロウミウシ

西表のアカテンイロウミウシ引用:http://www.weblio.jp

ウミウシの仲間は日本で650種類以上と言われ、八重山を含む西表島でも数多く生息する。

ミナミハコフグ

ミナミハコフグ引用:http://blog.livedoor.jp/mugamugadiving/

幼魚はちっちゃくてコロコロした、可愛らしい水玉模様。危険を感じると墨を出す。

マンタ

マンタ
世界最大のエイ、ナンヨウマンタ。大きさは4~5mにもなるダイバーの憧れの魚。西表島では見ることができるので、西表島にダイビングに来たら必見です。*中上級者向けのダイビングスポットで見ることができます。

マンタも見える!?西表島ダイビングツアーはこちら↓

ハンマーヘッドシャーク

ハンマーヘッドシャーク引用:http://hammerhead-shark.etc64.com/

和名はシュモクザメ。11~5月頃与那国島で見られ、100匹を超える大群で泳ぐことも。

コブシメこぶし目

方言名クブシミ。50cmを越える大型の甲イカでサンゴ礁に生息。食用として珍重。

コバンザメ

コバンザメJPG引用:https://churaumi.okinawa/fishbook/00000512/

背びれが変化した吸盤でマンタなどの大型魚類にくっついて食べ残しをエサにする。西表島ではコバンザメは何と釣りツアーで釣れることもあります笑

コバンザメは釣りで釣れるかも!?西表島釣りツアーはこちら↓

オニカマス

丘に増す
獰猛な魚パラクーダとしても有名。人を襲うこともある。大きいもので2mほどのサイズになることも。

サンゴ

サンゴ礁
八重山のサンゴ礁はまさに宝石箱。石垣島白保のアオサンゴは北半球最大規模。サンゴは植物みたいですが、イソギンチャクなどと同じ仲間の動物です。サンゴはポリプと言われる小さなサンゴ個体がたくさん集まって全体を作っています。サンゴの体の中には褐虫藻という動物プランクトンが一杯入っています。褐虫藻は太陽光線を利用して光合成を行い、サンゴに必要な栄養を与えています。もちろんサンゴ自体も触手でエサを取って食べます。

カラフルなサンゴ礁を見る西表島シュノーケリングツアーはこちら↓

ウミガメ

うみがめ
八重山の浜辺に上陸して産卵する。黒島ではウミガメの研究を行っていて見学もできる。

ウミガメの上陸する美しい砂浜でのシュノーケリングツアーはこちら↓

ジョーフィッシュ

ジョーフィッシュ引用:http://dolphinkick.at.webry.info/201208/article_1.html

海底の岩と砂礫の境目に巣穴をほって生活する。大きな口を持つ。

カクレクマノミ

カクレクマノミ
映画”ファインディングニモ”で一躍有名になったカクレクマノミ。実は西表島では5種類程のカクレクマノミを見ることができます。イソギンチャクと共生し、美しい模様を持つ海のアイドル。西表島ではダイビングや鳩間島周辺でのシュノーケリングで見ることが多いです。

熱帯魚に会えるシュノーケリングツアーはこちら↓

スカシテンジクダイ

スカシテンジクダイ引用:http://dolphinkick.at.webry.info/201007/article_20.html

サンゴ礁にある岩礁に大きな群れを作って住む。体が透けて見える。

毒性動物

西表島の海の中には毒性を持つ生き物もいます。今回は万が一毒性のある生き物に刺された場合の対処法をお伝えいたします。

ハブクラゲ

ハブクラゲ引用:http://okinawaclip.com/ja/detail/354

5~10月頃に発生するクラゲ。水深50cmほどの浅い場所にも来るが、半透明で見つけにくいため、シュノーケリング等の際には注意が必要。刺されるととても痛く、時にはショックで心肺停止を起こすこともあり、死亡者もでている。

○予防策

ハブクラゲ侵入防止ネット内で泳ぎ、ウェットスーツや長袖のTシャツなどを着て肌の露出を減らすことで、刺されても毒針が皮膚まで届かなくなる(完全に被害を防げる訳では無い)。

○刺された場合の対処

  1. すぐに海から上がる。患部を絶対にこすらない。
  2. 酢(食酢)をかける
  3. 触手を手で静かに取り除く
  4. 痛い時は氷や冷水で冷やす

ゴンスイ

ゴンスイ引用:http://zukan.kids.yahoo.co.jp/animal/kind/fish/0032.html

ヒレに鋭い毒のトゲを持ち、釣り人に「外道」として嫌われている毒魚。ナマズの仲間で、体長は約10cm~25cm程、黒みがかった身体に2本の黄色いラインが走る印象的なデザインで、幼魚は「ごんずい玉」というナイスな名で呼ばれる群れを作る。夜行性で、磯や堤防近くを回遊する為、夜釣りで群れにあたると ゴンズイばかりが大量に釣れだすという事態になる。
彼らは背びれと左右の胸びれに毒棘(どくきょく)と呼ばれる鋭い毒のトゲを持っており、刺されると、焼けつくような激痛に襲われる。

○刺された場合の対処

  1. 目に見える大きなトゲは取り除く
  2. 40~45℃のお湯につけるか、ビニール袋等にお湯を入れ、患部に当てる。

ミノカサゴ

ミノカサゴ
背びれと腹びれ、尻ビレに毒がある。動きはゆっくりで近づいてもあまり逃げない。驚かせると背びれを立てて威嚇する。

○刺された場合の対処

  1. 目に見える大きなトゲは取り除く
  2. 40~45℃のお湯につけるか、ビニール袋等にお湯を入れ、患部に当てる。

オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼ引用:http://www.nandemo-zukan.net/animal/a_detail.php?animal_id=2223

色や形が石や岩に似ている上に砂中に隠れていたりするので、知らずに踏んで刺されることもある。背びれの骨はとても硬く、ゴム底のサンダルなどは突き通してしまう。

○刺された場合の対処

  1. 目に見える大きなトゲは取り除く
  2. 40~45℃のお湯につけるか、ビニール袋等にお湯を入れ、患部に当てる。

オニヒトデ

オニヒトデ
直径30cmくらいで毒のあるトゲのついた腕を10~17本持つ。昼間はサンゴなどの下に隠れていることも多いので、むやみにサンゴの下等に手をいれると刺されることがある。

○刺された場合の対処

  1. 目に見える大きなトゲは取り除く
  2. 40~45℃のお湯につけるか、ビニール袋等にお湯を入れ、患部に当てる。

マダラウミへビ

マダラウミヘビ引用:http://nombayeos5d.blog66.fc2.com/category35-8.html

ウミヘビはコブラの仲間で強い神経毒を持つ、かまれると神経が麻痺して動けなくなる。ウミヘビの方から近寄ってくることもあるが、絶対に手を出さないこと。

○刺された場合の対処

  1. 手で患部から毒を絞り出す
  2. 早急に
  3. 病院へ行って治療を受ける。

アンボイナガイ

アンボイナガイ引用:http://www.sisia.or.jp/homepage-contest/hpc2013/hyoshoshiki/sakuhin/sho-chu/A07/index.files/index20.html

殻の長さが10cmくらいになる大きな巻き貝で、赤茶色の網目模様がある。神経毒で、刺されても痛みはほとんど無いが、すぐに体が痺れて、溺れる危険性がある。

○刺された場合の対処

  1. 手で患部から毒を絞り出す
  2. 早急に病院へ行って治療を受ける。

ヒョウモンダコ

ひょうもんだこ引用:http://takashi1016.com/hapalochlaena-fasciata-13062

体調12cmくらいの小さなタコ。驚いたりすると青い模様が鮮やかになり、きれいに見える。サンゴ礁の岩穴や石の下などに住んでいる。猛毒で知られるふぐと同じテトロドトキシンという毒を持つ。

○刺された場合の対処

  1. 手で患部から毒を絞り出す
  2. 早急に病院へ行って治療を受ける。

カツオノエボシ

カツオノエボシ
外洋性のクラゲで、風の強い日に岸に打ち上げられる事がある。青い浮袋で水面に浮き、その下面には数本の長い触手が垂れ下がっている。

○刺された場合の対処

  1. 海水で刺胞球や触手を洗い流す。
  2. 氷や冷水で冷やす。
    ※酢は絶対に使わないこと

ウンバチイソギンチャク

ウンバチイソギンチャク引用:http://takashi1016.com/night-anemone-12244

直径10~20cmのイソギンチャクで強い毒を持つ。潮干狩り中などに気づかずに刺されることが多い。症状が長引いたり、腎臓などが悪くなる場合もあるので刺されたらすぐ病院へ向かうこと。

○刺された場合の対処

  1. 海水で刺胞球や触手を洗い流す。
  2. 氷や冷水で冷やす。
    ※酢は絶対に使わないこと

その他の珍しい動植物

ヤシガニ

ヤシガニ

陸上で生活する甲殻類では最大種。強靭なハサミを持つ。絶滅危惧種。西表島では夜道を歩けば意外と見られるヤシガニですが、珍味なために乱獲が続き、生息数が激減しているそう。成長が極めて遅いので、取りすぎると絶滅につながる恐れがあります。鳩間島ではヤシガニ保護のために甲羅の大きさが大人の握りこぶし以下のものは捕獲禁止という決まりがあるので注意しましょう。

ヤシガニに会える!?西表島ジャングルナイトツアーはこちら↓

イリオモテヤマネコ

西表山猫引用:http://7chord.com/blog/other-74/

特別天然記念物。西表島の陸上生態系で頂点に立つ。現在の生息数は100匹ほど。西表島に住んでいて年に1~2回程遭遇する人もいるくらいしか見ることができない猫なのです。

ヨナグニウマ

ヨナグニウマ引用:http://kansa2.org/3710km/dobacknumber.do?year=2013&month=7

与那国島の在来馬。体高120cm程でおとなしい馬。体格の割に力と耐久力がある。

セマルハコガメ

セマルハコガメ引用:http://mushinavi.com/navi_hatyurui/data-kame_semaruhako.html

驚くと頭・尾・肢を引っ込め、腹甲でふたをする。近年車による事故が多発。中国ではこのセマルハコガメがお金が貯まると人気。

カンムリワシ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
電柱や樹上にとまり、トカゲやカエルなどの小型動物を狙う。特別天然記念物。

ヤエヤマオオコウモリ

八重山オオコウモリ引用:http://mushinavi.com/navi_animal/data-koumori_oo_yaeyama.html

日没後、花や木の果実などを食べるために飛び回り、人家周辺でも見られる。

オオゴマダラ

オオゴマダラ
羽を広げると15cmもある。石垣市の市蝶。フワフワ飛ぶ姿はまさに南国の貴婦人。サナギは黄金色をしている。由布島の植物園で見えます。

由布島観光の詳細とプラン一覧はこちら↓

サキシマスオウノキ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
板を何枚も立てたような特異な根を持つ。古くは板根を船の舵に利用した。とても面白い形なので必見です!ジャングルトレッキングの際にガイドさんが紹介してくれます♪

⇒西表島ジャングルトレッキングの詳細とプラン一覧はこちら↓

リュウキュウアカショウビン

琉球赤ショウビン引用:http://kaimanatori.blog51.fc2.com/blog-entry-467.html

カワセミの仲間で大きなくちばしと赤褐色の羽を持つ渡り鳥。

日本一大きな豆!モダマ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA引用:http://yaenavi.com/17399.html

サヤの大きさは1m以上、中の豆は直径5cm程もあり、日本最大の豆と言われている。森林部の沢沿いなどに自生し、川に落ちた豆が海を漂流して分布を広げるため、ビーチに落ちていることも。お土産物としてもよく販売されている。

モダマ池へのハイキングはこちら↓

シロハラクイナ

シロハラクイナ
西表島をレンタカーで走っていると必ず出会う。飛べない鳥なので良く車に轢かれてしまう…。沖縄では有名なヤンバルクイナと同種。可愛らしい動作なので写真に取りたくなるが、出会ったらすぐに逃げるのでかなり難しい。子連れの場合もあり、小人は真っ黒もこもこで更にかわいい。
西表島レンタカーはこちら

まとめ

いかがでしたか?西表島には今回ご紹介した生き物以外にも沢山の珍しい動植物があります。日本のガラパゴスといわれる西表島で様々な生き物とのふれあいを楽しんでみてはいかが?

西表島ツアーズの全アクティビティはこちら

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、西表島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

西表島ツアーズとは・・・?