西表島のアクティビティ予約なら"西表島ツアーズ"♪

西表島の年間の天気・服装・持ち物を事前に知っておこう!

-この記事をシェアする-

西表島という島に旅行に行きたいと思ったときに気になるのが、天気や持ち物ですよね。せっかく遊びに行ったのに雨が降ってしまったとか、持っていくべきものを忘れてしまったとか、そんなことになったら残念です。そこで今回は、そんな残念なことにならないように、西表島の年間の天気や着ていくべき服、あった方がいい持ち物などをご紹介していきます。この記事を見れば、西表島への旅行なら確実に安心して行くことができると思いますよ!

西表島とは?

西表島の海

そもそも、西表島とはどのような島なのでしょうか?「にしおもてじま」と呼ばれがちですが、実は読み方は「いりおもてじま」です。イリオモテヤマネコという天然記念物の生息地であることからも分かるように、非常に自然豊かな土地になります。場所は、沖縄県よりさらに南西にあり、八重山諸島に属する島の中では最大の大きさです。人口は2300人ほどですが、観光客数は月に2万人を越えるという規模になります。年間を通して温暖ではありますが、場所がら台風がよく通りますので、注意が必要です。では次の章から、年間を通しての天気などを見ていきます。

西表島の天気・天候

西表島は、亜熱帯気候に属するため、降雨量は年間2200mmと多いです。平均気温は、低い月で18度ほど、高い月で29度ほどです。八重山諸島の中では、比較的に低いことが特徴になります。とは言っても、本州の気温に比べたら圧倒的に高いので、そこまで意識する必要はないでしょう。

西表島旅行の費用

星砂の浜ビーチ

続いて、西表島旅行の費用を見ていきます。繁忙期はやはり7〜8月で、2泊3日で10万円はかかるのも当たり前です。逆に1月などは、2泊3日で5〜6万ほどで行けることも。ただ、夏に比べて冬は野外でのアクティビティが限られてしまうため、海などでのレジャーを望む方には物足りないかもしれません。特にレジャーにこだわりがなければ、冬が意外と狙い目かもしれませんね。

西表島でのアクティビティは?

マングローブカヌーツアー

西表島のアクティビティは、海から山まで、あらゆるものを楽しむことができます。海だったら、カヌー、シュノーケリング、ダイビング、SUPボートなど。山だったらトレッキングやクライミングなどです。このようにアクティビティが豊富にありますので、季節を問わず何かしらは体験できるのが嬉しいところです。特にシュノーケリングやダイビングでは、本州に比べて格段に綺麗な海を堪能することができますので、かなりおすすめできます。

山でのトレッキングなどは、初心者でも気軽に楽しむことが可能です。また、西表島ならではの植生、生物などもおりますので、そういったものを探しながら山歩きするのも最高ですね。何をやるにせよ、道具のレンタルショップもありますので、ほぼ手ぶらで楽しめるものが多いです。では次からは、季節ごとの西表島の魅力をご紹介します。

西表島の全ての遊びはこちら↓
西表島ツアーズ

西表島の春

西表島の春のデイゴの花

西表島の春は、温暖で過ごしやすいです、ただ、5〜6月の梅雨の時期に行ってしまうと、比較的雨が多くなってしまいます。そのため春に行くなら、より一層、天気を確認するようにしましょう。天気さえよければ、春でも海遊びをすることができます。早くて3月から海開きしてますので、梅雨にも入っていない3月は狙い目かもしれませんね。

春の天気・天候

春は、平均気温が20度〜25度と、寒くもなく暑くもない、ちょうどいい気温になります。降雨量は、5月は200mmほどです。東京の5月の降雨量は50〜200mmくらいなので、西表島の雨が多いことが分かります。でも、夏以降の台風と違ってそこまで激しくは降りません。

春の服装

西表島の春の服装は、基本的には半袖で問題ないです。でも夜に冷え込む可能性もありますので、ちょっとした防寒具は持って行くべきでしょう。

春のイベント

西表島では、4月の第3日曜日に船浮音祭りというイベントが開催されます。シンガーソングライターである池田卓さんが主催し、かまどま広場という場所で開催される音楽ライブです。春の陽気に包まれながら、地元の音楽を楽しむのは最高の時間になるでしょう。

関連コラムはこちら↓
西表島の春はこう遊ぶ!西表島春遊び7選!

西表島の夏

美しすぎる西表島の海

西表島の夏は、一番観光客が多い、盛りの季節です。アクティビティも一番豊富に楽しむことができ、最高の体験になること間違いなしです。ただ、台風が来る可能性が高いので、そこだけは気を付けたほうが良いです。また、旅行費用はかなり高くなりますので、早めの予約をお勧めします。

夏の天気・天候

西表島の夏は、低くても25度を越え、30度を越えることも当たり前です。台風の影響もあり、降雨量は200mm〜300mmと非常に多いです。威力も激しく、スコールなどもあります。

夏の服装

服装はもちろん半袖ですが、日差しが非常に強いです。そのため、男女問わず紫外線対策は怠らないようにしましょう。また、トレッキングなど山に入るときは、蛇などに気をつけて長ズボンが良いです。

台風状況

西表島に近づく台風は、多い年で5〜6になります。そのほとんどが夏です。台風予報は旅行を計画するならば、随時天気予報を確認するようにしましょう。

関連コラムはこちら↓
西表島の夏休みの天気・服装・おすすめスポット・アクティビティ!

西表島の秋

西表島の秋の夕焼け

西表島の秋は、台風も来ますし、気温の変動も大きい季節になります。雨さえ降らなければ、温暖で過ごしやすい気候です。

秋の天気・天候

秋は、夏の次に降雨量が多いです。10月に一降雨量が最大だった年もありますので、秋に旅行に行くなら気を付けるようにしましょう。

秋の服装

秋は、最高気温が25度を越え、最低気温が20度ほどのこともあるため、気温差が大きい季節です。そのため、日中は半袖で大丈夫であっても、防寒具は必須になります。

秋のイベント

8月の最終日曜日に、砂浜芸能祭というイベントが開催されます。これは、干立の浜という砂浜で演奏される特殊な音楽イベントです。音楽だけでなく、食べ物や飲み物の出店もありますので、世代を問わず楽しめるでしょう。

関連コラムはこちら↓
秋に西表島観光をするメリットとおすすめの遊び方

西表島の冬

西表島の冬の寒緋桜

西表島は冬のイメージはないですが、見所はちゃんとあります。よりディープな観光を楽しみたいなら、冬もおすすめです。

冬の天気・天候

一年の中で一番降雨量が少ないですので、旅行プランを立てやすいです。また、冬といっても気温は15度から20度を越えるくらいなので、本州に比べて過ごしやすいのが特徴です。

冬の服装

気温はそこまで下がらないため、基本的には薄手のジャケットなどで済みます。ただ、朝夜は冷える可能性があるため、厚手の下着などは用意すると良いでしょう。

冬のイベント

冬は、2月の第2土曜日に、やまねこマラソンというスポーツイベントが開催されます。20kmや10kmという距離なので、誰でも気軽に参加できるのが魅力的です。走るのが好きな人はいかがですか?

関連コラムはこちら↓
冬でも楽しめる南国リゾート!?西表島は冬も魅力が盛り沢山!

まとめ

いかがでしかた?今回は、西表島の天気や服装についてご紹介しました。せっかくの旅行ですから、天気が悪いときに当たらないように、しっかり天気予報を調べてプランを立てるようにしましょう。季節や月によって、行くべき場所やおすすめのアクティビティ、開催されるイベントは異なりますので、自分が何を優先したいのかを考えてみてください。

また、極端な場合、旅費も倍くらい変わってきます。ですから、とにかく早めの計画が肝要です。特に天気に関しては季節ごとに雨が降りやすい月、降りにくい月など傾向があるため、ぜひこの記事を参考にして、最適なプランを立ててください。あなたの西表島旅行が忘れられないものになることを祈っています。

石垣島の全ての遊びはこちら↓

西表島の全ての遊びはこちら↓
西表島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

ツアーの予約から参加までの流れ

ツアーを探す
シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、西表島ツアーズから連絡がきます♪
ツアーに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

西表島ツアーズとは・・・?